この時期特有の体調管理について

こんにちは!院長の川原です。
季節は初夏を迎え、暖かい日差しとともに自然が美しい季節となりました。

この季節は新しいエネルギーが満ち溢れる時期で、身体のリズムも崩れることが多いです。
この時期特有の体調管理について、当院からいくつかのアドバイスをお届けします。

① 適度な運動やバランスの良い食事、そして十分な睡眠を心掛ける
初夏の気候は日中と朝晩の気温差が大きくなることが特徴です。
これにより、身体が温度変化に対応しきれず、自律神経が乱れやすくなります。特に冷え性の方や疲れやすい方は注意が必要です。

②ウォーミングアップやクールダウンをしっかりと行い、無理のない範囲で運動を楽しむ
気温が上がり、活動的になりやすいこの季節は、新しい趣味やスポーツに挑戦する絶好の機会です。しかし、急に体を動かしすぎると筋肉や関節に負担がかかり、怪我をしやすくなります。

そういえば、教員だった頃に部活の指導で、「間違ったフォームで練習すれば、間違ったフォームが身につく!」とよく部員に言っていました。

これはフォームに限らず、身体の歪みがある状態での運動にも言えることです。
身体に歪みがある状態で運動すれば、関節や筋肉に余分な負担がかかってしまい痛みとなって現れます。

しかしこんな経験はないですか?
痛いのを我慢して続けていくと、最初は痛みがあったのにいつの間にかなくなっている!

実は、この状態は非常にマズイです!

脳は身体が痛くないような動きを選択します。つまり、ある筋肉を使って痛いなら、その筋肉を使わずに他の筋肉でカバーしようとするのです。
結果、働かない筋肉と働き過ぎの筋肉が誕生してしまうのです。

「よく考えると腰が痛くなる前に、膝が痛かった」なんてことは良くあるです。

定期的な身体のメンテナンスをしていれば、少しの身体の変化も早めに対処することができます。

当院では、体の不調に悩む全ての方々が笑顔で健康な日々を送れるよう、全力でサポートさせていただきます。

お困りのことがございましたら、ぜひ当院に一度ご相談ください。

皆様の健康と幸福をサポートするパートナーとして、真心を込めて施術させていただきます。

健康で笑顔あふれる季節を過ごしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次